結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式にはお祝いの気持ちを込めて電報を贈ろう

結婚式にはお祝いの気持ちを込めて電報を贈ろう

 友人や知人が結婚するときは、結婚式に電報を贈ってお祝いの気持ちを伝えましょう。最近は美しく魅力的なデザインの台紙が用意されていますし、バルーン電報を取り扱っている専門店もあります。お好みに合わせて選んで、お祝いの気持ちを届けられるのが大きな魅力の一つです。
 結婚式に祝電を贈る場合は、基本的なマナーを頭に入れておくことが大切です。基本的なマナーを守って祝電を贈れば失礼にあたることがないので安心です。また、実際に祝電を贈るとき、新郎新婦のどちらかの名前しかわからないことがあるかもしれません。新郎新婦のどちらかとまったく面識がない場合は連名にせず、面識のあるいずれかの名前だけを書いて贈ることもできます。また、定型文もたくさん用意されていますので、初めて祝電を贈るときや、どのようなメッセージにしたらよいか迷ったときも安心です。


 結婚式や披露宴で電報を打って祝意を伝える場合

 冠婚葬祭などにおいて、祝意や弔意の気持ちをさり気なく届けることができるのが、電報の魅力です。これだけ電子メールなどの通信手段が発達しても、電報の役割は非常に大きいです。個人の場合、結婚式や披露宴に招待されたものの、都合があわず出席できないときや招待はされていませんが、親戚や友人の挙式などで祝福の気持ちを伝えたいときに使います。職場関係であれば、同僚、取引先の社員、取引先のご子息やご令嬢などの挙式結婚式の場合、祝電を打つことになります。
 結婚式においては、司会者によって祝電が披露されますので、早めに届くように手配しておくと、司会者も戸惑いません。宛名は新郎新婦の連名でも、新郎新婦いずれかでも構いません。新婦に宛てる場合は、旧姓で打つのが一般的です。用意された文例を参考にしながら、自分流にアレンジすると、よりメッセージが相手の心に届きます。ただし、別れや終わり、再婚をイメージさせる忌み言葉を使わないように注意する必要があります。


 結婚式などお祝いのシーンに電報を送ろう

 友だちや知り合いの結婚式やお誕生日をはじめ、入学式や卒業式、快気祝いなど、さまざまなシーンで上手に活用したいのが電報ではないでしょうか。最近はインターネットの普及に伴い、メールなどで手軽に伝えたい気持ちを送れるようになりました。でも、大切な人の大切なお祝い事のときは、メールよりも祝電を活用することによって、心のこもったおめでとうという気持ちをより伝えることができるので、利用してみると良いでしょう。
 最近は、電報のサービスを行っているインターネットサイトがあり、オンライン上で手続きをすることができます。台紙の種類も豊富で、たとえば結婚式にピッタリな台紙もたくさん取り揃えられています。定型文はもちろん、自分の言葉を文にして送ることも可能なので、より気持ちを込めた祝電を送ることができます。また、最近はバルーン電報など、華やかなシーンにピッタリなものもあるので、送る人に合わせて楽しく選べるのも魅力のひとつです。

ページトップへ