結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式の電報の宛名のマナーとは

結婚式の電報の宛名のマナーとは

結婚式に参列することができない時にお祝いの気持ちを伝えるために利用することが多いのが電報です。
しかし日頃贈る機会がないからこそ、わからないことも多くなるのではないでしょうか。
祝電を贈る際には、様々なマナーに気をつけなくてはなりません。
その中の一つに宛名があげられます。
新郎新婦二人宛が一般的ですが、片方とのみ親しいという場合には新郎新婦どちらか宛でもマナー違反にはなりません。
新婦宛となれば旧姓で贈ることが一般的となっていますが、中には既に入籍済みで旧姓は適していないと考える人もいるので事前によく確認しておくようにする必要があります。
宛名を間違えてしまうとなれば、かなりマナー違反であり失礼にあたるということを頭に置いておかなくてはなりません。
おめでたい場だからこそ、マナーには十分気をつけるようにしておきましょう。



結婚式の電報の料金と贈る際のマナー

結婚式に参加することができない場合で、お祝いの気持ちを伝えたい時に役立つものといえば電報ですが、日頃贈る機会がないからこそわからないことも多いのは当然のことではないでしょうか。
電報は文字数と台紙によって料金には違いが生まれます。
文字数には宛先や宛名は含まれず、メッセージの内容のみとなっています。
台紙は基本のシンプルなものは無料という業者が大半ですが、祝電となれば華やかな台紙を選ぶべきであり、大師のタイプによって料金にも違いが生まれるのでよく確認しておくようにしましょう。
近年では祝電にはギフトをつけることが多くなっており、ギフトがメインという認識に変わりつつありますが、その際には何を選ぶべきかという点もよく考え、相手に喜んでもらえるギフトを選択するようにしておくことが大切になってくるのではないでしょうか。



もらって嬉しい結婚式の電報に関して

結婚は人生の節目だと言いますが、結婚式に出席をすると感動で胸がいっぱいになります。
来賓の祝辞はもちろんですが、馴れ初め紹介のムービーは趣向が凝らされています。
そして、電報の紹介も欠かせません。
遠方の友人や恩師からの電報は、心が温かくなる文面で思わず涙を流した経験のある方も多いのではないでしょうか。
あらかじめ用意されている文面で送ることも可能ですし、オリジナル文面で送ることも出来ます。
ぬいぐるみや花を添えることも可能ですし、バリエーションが豊富に揃っているのも魅力なのではないでしょうか。
後々読み返すことも出来ますし、生涯の記念に残るはずです。
メールやSNSが主流の時代だからこそ、電報に心を動かされる若者が増えている状況があります。
言葉やしきたりを大事にすることで、絆は深まって行くのではないでしょうか。

ページトップへ