結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式を祝う電報を打つ時に心得ておきたいマナー

結婚式を祝う電報を打つ時に心得ておきたいマナー

友人や知人の結婚を電報でお祝いをしたいという場合、心得ておきたいマナーがあります。
まず1つ目は、お祝いの文章に使う言葉には細心の注意を払うということです。
結婚式は、新郎と新婦がこれから2人で力を合わせて家庭を築いていく第一歩を祝う場です。
そのため、別れを連想させるような言葉や、暗い気持ちを連想させるような言葉は避ける必要があります。
次に気をつけたいことは、結婚式の1週間前くらいまでには電報が相手の元に届くように送るということです。
式の直前になって届くと、相手に迷惑が掛かります。
そのため、できるだけ余裕を持って送るという配慮をすることが大切です。
最後に気をつけたいことは、宛先の住所をしっかり確認しておくということです。
宛先は、新郎新婦の自宅ではなく、式を行う会場になります。
そのため、予め式場の住所をきちんと調べておき、間違って配達されることのないように気をつけてください。



結婚式に出席できないときに送りたい電報

結婚式に招かれても、どうしても都合がつかずにやむを得ず欠席ということもあるかもしれません。
せっかくのご招待をお断りすることは申し訳ないことになりますが、その場合は当日配達できるように電報を送ることでおめでとうの気持ちを伝えることができます。
最近の電報は紙の台紙だけではありません。
特に結婚式のための祝電はお花やぬいぐるみなどと一緒に配達してくれるものも多くあります。
現在の申し込み方法はインターネットが主流となっているようです。
申し込む時間によっては当日配達も可能です。
前もって結婚式に出席できないからという理由がある場合は、日にちに余裕を持って申し込むことができるので、台紙などもゆっくりと検討することができるでしょう。
電文に困ったら例文も記載されていますが、すべてを例文通りにするのではなく、できれば自分の気持ちをきちんと伝える文章にするほうが良いでしょう。



結婚式の電報を送る際に覚えておく事

友人の結婚式に招待された際、どうしても都合が悪く参加できない方も中にはいらっしゃるでしょう。
そんな時はお祝いの言葉をメッセージとして届ける電報を送ってみてはいかがでしょうか。
近年ではバルーンや可愛らしいヌイグルミと一緒に送る事ができ、会場や新郎新婦の雰囲気に合わせて選ぶ事が出来ます。
初めて電報を送る方は、まず会場の住所、時間が間違っていないかを確認しておきましょう。
文章に困った場合は例文を参考にされると良いですが、なるべくご自身の言葉で伝えるようにすると良いでしょう。
その際に重ね言葉や再婚、再縁をイメージさせる言葉は控えておく事がマナーです。
そして、電報は披露宴の途中に読まれる事が多いので、長文になる場合は直接届けてもらうようスタッフにお願いしておくと良いでしょう。
簡単に送る事が出来るので、一度検討してみて下さい。

ページトップへ