結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式電報の台紙の選び方

結婚式電報の台紙の選び方

 友人や親族の結婚式にお呼ばれしていても、大人になればなるほど、会社の出張が入っていたり、出産を控えていたり、そもそも遠方に住んでいて披露宴にやってくるのも一苦労なんて諸事情を抱えて、やむを得ず欠席しなければならない人も沢山います。お呼ばれしていても来れない人は、親しい人であればある程、何らかの形でお祝いの気持ちはきちんと伝えたいものです。披露宴に呼ばれると仮定して、友人であれば、御食事代や引き出物などの代金も踏まえ、だいたい相場で3万はお包する所ですが、その内の一万書留などで贈るか、現金と言う形にこだわらず、何か本人の希望に添えるギフトをプレゼントとして贈ったり、方法は色々ありますし、それでも気持ちは伝わる訳ですが、やっぱりきちんとお祝いの言葉も述べたいです。

 そんな時は、昔ながらの方法かもしれませんが、やっぱり結婚式場宛てにお祝い電報を届けてもらうのが一番です。自分で文面を考えたオリジナリティ溢れた、心のこもったメッセージだったりすれば、会場で司会の方が、お祝いの文章を披露してくれる場合もあります。名前だけでも披露して貰うと、お祝いされる当人達はもちろんそのご両親やお友達など、披露宴に出席している方々に対してのメンツの様な物も保つことが出来ます。もちろん、気持ちの問題で、プライドや世間体だけではないですが、それでもプラスアルファとしてそんな効果もありますから、本人や周りの方々が喜んでくれる様な素敵なメッセージを作成して、当日間に合うように贈って貰う様に手配をするのとしないのとでは、新郎新婦にとっても全く印象が違って来るでしょう。

 とは言え一言で言っても沢山のメッセージや、沢山の形態があり、どうすれば良いのか、選び方にも困ってしまいます。華やかな金糸や押し花をつかった、定番中の定番である台紙に貼りついたメッセージカード式の物や、飾ると高砂を華やかにしてくれる、カワイイキャラクターのぬいぐるみにメッセージを持たせたタイプの物や、最近ではカゴに入った生け花や、半永久的にに枯れることなく飾り続ける事の出来るブリザードフラワーなどのお花に添えて送られるタイプの物なども人気が高い様です。披露宴では様々なお花が至る所に飾られていますが、やっぱり誰かから贈られるのは、どんなお花でも嬉しいです。披露宴だけではなく、バースデーや母の日などでも、女性ならきっとうれしいと感じるものではないでしょうか。

ページトップへ