結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式電報の書き方

結婚式電報の書き方

 結婚式に参加できない場合に、祝いの気持ちを伝えるために役立つのが電報です。日頃使うことがないものだからこそ、より改まった祝いの気持ちを伝えることができるというメリットがありますが、その際はただ送れば良いということではなくマナーはしっかりと守らなくてはなりません。書き方としてまず頭に置いておかなくてはならないことは、忌み言葉は使わないということです。お祝い場にふさわしくない言葉であり、使うとマナー違反となるので気をつけましょう。電報サービスを行なっている業者では、例文が準備されているので例文を使うことによってマナー違反となることは避けられますが、例文のみとなっては味気がないので一言自分の言葉でメッセージを添えるようにしておくと、より祝いの気持ちが伝わります。

 宛名の書き方としては基本的には新郎新婦二人に宛てることが望ましいです。しかし片方としか関わりがない場合には、どちらかに宛てても問題はありません。新婦宛で電報を出す場合には、新婦の名前は旧姓にするのが一般的です。すでに入籍済みであり、ゲストも周知のことであれば、結婚後の姓でもよい場合もあります。新婦宛てに送る場合には、宛名の姓は事前に確認しておくようにしておきましょう。宛先だけではなく送り先も間違えないようにしておかなくてはなりません。会場を間違えてしまうともちろん届けることはできないので、間違いがないのかということは新郎新婦に確認するべきですが、サプライズで電報を送りたいという場合には新郎新婦ではなく会場に確認しておくというのも一つの手段ではないでしょうか。

 近年では電報と共にぬいぐるみや花束、バルーンといったギフトを付けることができるようになっており、ギフトがメインに感じる人も多いのではないでしょうか。しかしギフトがどんなに良いものでも、電報の文章が良くなければ良い印象を持ってもらうことはできません。友人に送るのか、目上の人に送るのか、ビジネス関係の人に送るのかによって、適したないようにも必ず違いがあるので事前によくチェックしておくようにしましょう。お祝いの気持ちを伝えるためにも、かなり重要なものということは確かですが、電報サービス業者によって送ることができる文字数や、贈ることができるギフト、申し込みかたなどにも違いはあるので良く比較してから選ぶようにしておきましょう。どこでも同じというわけではないことは確かです。

ページトップへ