結婚式で喜ばれる電報ランキング

TOP > 電報について > 結婚式電報の送り方

結婚式電報の送り方

 結婚式にゲストとして招待され、参加できない時やビジネス関係でお世話になっていたり知人でも式に参加するほどの関係性ではなく、参加しない時に祝いの気持ちを伝えるために役立つのが電報です。日頃使う機会はないということもあり、いざ送るとなれば送り方がわからず頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。結婚式となれば早い段階から日時は分かっていることなので、電報を送る際には早い段階で手配しておくようにしましょう。申し込む際には披露宴会場と日時は間違いがないようにチェックしておく必要があります。電報は披露宴で読まれることになるので、遅くても披露宴が始まる一時間前には会場に到着するように手配しておく必要があります。あまりに早く到着しすぎたり遅れてしまうことのないようにして起きましょう。

 結婚式に電報を送る際には忌み言葉を使わないようにするというのは最低限頭に置いておかなくてはならないマナーとなっています。電報業者では例文が必ず用意されているので、例文を引用すればマナー違反となることはありません。しかし、その際には一言自分の言葉でメッセージを添えておくようにしましょう。例文だけとなれば、他の人と被ってしまったり味気のない文章になってしまいます。業者に申し込みをするときには、文章が何文字まで遅れるのかや申し込めるタイミングはいつなのかということも確認しておく必要があります。申し込み方法が電話というところもあれば、ウェブサイトから申し込むところもあり業者による違いが多いということも頭に置いておくようにし、使い勝手の良い業者を選び手配しましょう。

 近年では電報は文章を送るだけのものというわけではなく、ぬいぐるみや花束、バルーンといったギフトを共に贈ることができる業者が多くなりました。ギフトがあることで、より喜んでもらえることは確かですがギフト付きの電報を贈るとなれば、申し込むのはギリギリではいけません。早い段階から申し込みを完了させておくようにしましょう。電報には様々なマナーがありますが、送る相手が友人なのか目上の人なのかや、ビジネス関係の人なのかによって文章にも違いは生まれます。日頃利用することがないからこそ、マナーがわからなくて困るという人も多いですが、おめでたいシーンであり祝いの気持ちを伝えることが原因となって相手との関係性にヒビが入ってしまっては元も子もないので送り方のマナーには気をつけましょう。

ページトップへ